【施工事例】大阪府 O様

投稿日:2017年08月24日 投稿者:kenzai
カテゴリー:雑記 | 施工事例 | passiv material

こんにちは。

 

最近、日が短くなってきましたね。
秋の訪れを感じます。

 

さて、今回は大阪府のO様の施工事例を紹介します。

 

 

 

ブラインドは有孔(穴あき)スラットです。

 

有孔スラットとは・・・・

 

 

光反射を抑え、眩しさを低減させる

通常のスラットと比べ、スラットにあいた無数の穿孔が光の反射を抑え、眩しさを低減させます。
幼稚園や学校など、お子様が外で遊ぶような環境や、ビル、近隣への配慮にもなります。

室内側への光の乱反射を抑え、やわらかな光を取り入れる

室外だけでなく、室内側にも反射を抑える効果があります。
人にもお部屋にも やさしくやわらかな光で快適な室内を創ります。
勉強や読書など、有意義な時間をより有意義に。

外からの視線を防いでプライバシーを守る

通常のスラットと同様、窓を開けて風を取り入れながら外からの視線を防いでプライバシーを守ることができます。

中から外の様子が分かる(人影など)ので防犯上役立つ

外からはしっかりとプライバシーを守るのに、部屋の中からは人影など外の様子をうかがうことができるので、通常のスラットに比べて防犯性が高いと言えます。
 

デザイン性

  • 遠くから見るとほとんど分かりませんが、近くでみるとドット柄のような見た目。
    通常のスラットとは一味違う、デザイン面でも楽しんでいただけます。

 

 

 

今回の写真で、より有孔スラットの雰囲気が伝わったでしょうか。
実はこの有孔スラット、結構人気があるんですよ!
気になる方は、羽根サンプルのご用意もありますのでぜひお気軽にご連絡ください!

 

 

—————————————–

商品についてはこちら
質問・お問い合わせはこちら

—————————————–

流通課
中野えり