passiv blindの特徴|1,000色以上の中から選べる楽しさ

投稿日:2017年12月08日 投稿者:kenzai
カテゴリー:雑記 | オプション情報 | passiv material

住宅や店舗等で見かけるシャッターの色と言えば、

シルバー、ブラウン、ホワイト、ブラックなど・・・

4~5色のラインナップが普通ですよね。

 

 

 

目立たない色は嫌! 外観に特長を出したい! と言う方に朗報です。

 

passiv blindのスラット以外のパーツでオーダーできる色はなんと1000色以上!

シャッターにはない豊富なカラーを選べる事もpassiv blindの特長です。

 

[passiv blind]日本でも人気のあるワインレッドをデザインのアクセントに使った事例

 

例えばこちらのpassiv blindはスラットカラーがシルバーで、ヘッドボックスやガイドレールはアクセントとしてワインレッドを採用しています。

 

passiv blindでは全てのパーツを1色で揃えないといけないわけではありません。

 

パッシブブラインドは1つ1つがフルオーダー製作なので、

ヘッドボックスガイドレールガイドレールブラケット、そしてスラットのそれぞれに好きな色を選択することが出来る楽しさがあります!

 

スラットのカラーバリエーションはコチラからご覧いただけます。

 

passiv blindのS&Zタイプのスラットカラーバリエーション。スラット以外のパーツは、こちらにないRALカラーを選択することも可能です。

 

 

カラーをバラバラで頼むと、価格が高くなるのではないかと思われるかもしれませんが、

 

もともと工場で1つ1つオーダーで作っており、

1回ごとに調色して塗装を行っているため

特殊な色ではない限り大した増額はございません。

 

 

サロンやショールームのように目を引く店舗のデザイン

日本のシャッターのように特色の出ないカラーは嫌という方におすすめです。

 

ご興味いただけましたでしょうか。

passiv blindをご検討中の方にスラットカラーサンプルを配布しております。

さらにスラットカラー以外のRALカラーをご検討の設計者様にはRALカラーチャートお貸出し可能です。

ご希望の方は下のお問合せフォームからお気軽にお問合せ下さい。

 

 

関連記事 【オプション】カラーバリエーション

 

関連時期 カラー豊富!passiv blind (パッシブブラインド)

 

 

外渉二課 臼井達彦

 

**商品の詳しい説明や見積、ご購入の相談は下記までお気軽にお問合せ下さい。**

お問合せフォーム