住宅特集10月号に弊社外付けブラインド「passiv blind」が採用された事例が掲載されました。

投稿日:2017年09月25日 投稿者:kenzai
カテゴリー:施工事例 | passiv material

こんにちは。営業担当の臼井です。

 

住宅特集10月号に弊社外付けブラインド「passiv blind」が採用された事例が掲載されました。

愛知県岡崎市にある子犬のためのサロンの増改築計画で、

宙に浮いたような箱型の建築で、4方向開放的なつくりが印象的です。

 

周囲は低層の住宅街で日射の影響を考慮するところから、

夏期の日射による急激な室温上昇冬期日射取得、自在に採光をコントロールさせるために外付けブラインドが選ばれました。

 

 

 

はじめは設計士様よりご相談いただき、

①およそ5.4mあるスパンを1枚のブラインドで覆いたい。

②数10m離れた母屋からもブラインドをコントロールできるようにしたい。

という要望からスタートしました。

 

はじめてのお打合せで模型を見せていただき、

設計の意図から特殊な納まりで行う事にしました。

 

基本的には最初のお打合せ以外はメールでお打合せ。

スケッチアップでのイメージ図、図面を用いて打合せが出来たおかげで

少ないお打合せで設計の意図を解釈し、

詳細な納まり等の提案をスムーズに行うことができました。

 

  

 

 

最終的には、予算、使いやすさを考慮し、

①5.4mを2分割し、2.7m巾のケーブルガイドブラインドを2台設置

②母屋からコントロールできるようワイヤレスリモコンを使用

という仕様にまとまりました。

 

ブラインドのケーブルブラケットの納まりや、

なるべく1台に見えるようにする事を考え、

隣り合うブラインドの隙間を最小にする等、

あれこれ考えながら商品設計をしていきました。

 

私としては設計士様と直接、計画の段階から携わることができて

とても貴重な経験ができました。

 

 

また、外付けブラインドをはじめて施工される業者様でしたので、

お電話にて施工の段取りをご説明しました。

 

特殊納まりという事もありましたが、すぐにご理解いただけて

取付までを難なく行うことができました。

 

思い出深い物件に巡り合え、雑誌に掲載され、とても嬉しく思っております。

特殊納まりの場合につきましてもお気軽にご相談ください。

 

お問合せフォームはこちら

 

外渉二課 臼井達彦