ブラインドのヘッドボックスにスポンジシールテープ

投稿日:2015年10月21日 投稿者:kenzai
カテゴリー:雑記

>>passiv material外付けブラインドの詳細ページはここをクリック<<

サイディングなど、縦横凸凹がある壁にブラインド取り付けるとき、ヘットボックスが取り付けたとしても、雨水がヘッドボックスの取り付け面と壁の凸凹隙間に添ってブランドのヘッド部に侵入することがあります。

特に屋根がない露天壁のの場合、雨水が取り付け面と壁の隙間に侵入しやすいです。コーキング材で過ぎ間を充填する方法がありますが、見た目上の問題と、点検補修の際、ヘッドボックスが取り外しにくく、コーキング跡が残ってしまうなどの問題があります。

20130615_111343

防水性と膨らむ性兼ねて優れたスポンジシールテープを使用することによって上記の問題を避けることができます。

取り付け方としては、ヘッドボックスの壁取り付け部のエッジ上端にあわせて幅10mm・膨らむ厚み10mmのスポンジシールテープを張っておきます。

 

box3 box4

ビス留める際、注意してもらいたいのは、インパクトでビスをしっかり締め付けると、ビスに当たる部だけはへっこんでしまうことがあります。

box1

それを防止するために、ヘッドボックス取り付のエッジと取り付け面(壁)の間にワシャを一枚を挟んでビスがワシャを通すように取り付けます。

IMG_9801

box2

 

下記写真の右側ビスはワシャを挟んであって止めた状態です。

IMG_9804

 

>> passiv blindをお買い求めの方はここをクリック<<

 

 

 

流通課

嵐山コウイチ

201510