京都府京田辺市K邸分のブラインド補修

投稿日:2019年07月31日 投稿者:流通課
カテゴリー:雑記

京都府京田辺市内でのK様邸、1年前は外付けブラインドのスラットを降下する際に、下片側に置かれた家具障害物にぶつかり、回転不具合で写真のようにかなり傾きが出てしまいました。

 

お客様からのメッセージは『傾きは気になりますし(結構傾いています)、最近上げていって最後収納されるに大きな音がします。設置してもらったのは、工務店と電気工事屋さんであり、不具合には対応できないように思いました。』。その後に自宅で修理の試みしましたが、うまくいってませんでした。

7月中に本体を郵送していただく、埼玉OKUTA物流センターにて補修の対応になりました。

・ブラインド本体サイズFW2,812×FH3,495 

 

このように傾きが見えました。

 

右端のリフティングテープはかなりきつい感じでした。

 

真中のリフティングテープは緩い感じでした。

 

スラット下側のボトムバーを開けて見るとリフティングテープを

固定するパーツは、4個の中に3個が壊れた状態でした。

 

 

リフティングテープの下固定用パーツを交換しました。

 

 

これだけでは、まだ不均衡が直れませんでした。

 

リフティングテープの上端部も外して整理する必要がありました。

 

上端赤いピンを取り外し

 

一番右のリフティングテープは巻き纏われたことは故障の原因になりました。外したリフティングテープには巻き乱れの跡が見えました。

 

リフティングテープの最上端を入れ直しました。

 

関連の回転軸のネジを締めました。

左右均衡に回復しました。

 

埃などの汚れを綺麗に掃除

 
 
 
 
 
補修は完了しました。
お客様に長年にご愛用いただけるように。
 
 
 
—————————————–
passiv blind商品についてはこちら
質問・お問い合わせはこちら
—————————————–
 
 
 
Arashiyama 
 
Logistics
 
201907