外付けブラインドの価格は高い?でもコスパ最強です。

投稿日:2021年07月10日 投稿者:流通課
カテゴリー:雑記 | passiv material

こんにちは!

 

passiv blindメーカーを始めた頃に比べ、
年々、外付けブラインドをお探しの方が増えてきました。

 

近年の環境変化により、夏がますます厳しくなってきたことや
パッシブ、省エネ住宅の認知度が広がったこともあるのでしょうか。

 

また、この1~2年の「ステイホーム」により住環境を整えたいというご希望も増えたのかもしれません。

 

外付けブラインドは、まだまだ日本国内では認知度が低い商品ですが、その効果を実感された方からは「生活がとても快適になった。つけてよかった」という声をいただきます。

 

日射を窓の外で遮蔽することにより、日射の熱が室内に入ることを防ぎ 省エネ効果を発揮。
それだけではなく、ブラインドであることから、自由に羽根の角度を変えることができるので、窓を開放した状態で 通風をしながら目隠し機能でプライバシーを守ることもできます。

 

窓の外にブラインドを取り付ける、たったそれだけのように思われるかもしれませんが
住環境クオリティを大きく向上させることができます。

 

さて、ここまでで「外付けブラインドがもっと気になった!」という方も、いざ導入となればいろいろな選択基準があると思います。

 

・サイズ
・デザイン
・価格

 

どれを優先されるかはお客様それぞれですが、価格の質問は多くいただきます。
やはり通常の室内ブラインドを想像すると、外付けブラインドは少し価格が高く思われる方がいるかもしれません。

 

ですが、先にも述べたように

 

・省エネになること
・暮らしが快適になること

 

を考えるとコスパはとても良いんです♪

 

 

日よけの無い状態の普通ガラスの場合を、エアコン稼働率100%とした時、
室内ブラインドではエアコン稼働率は75%、ブラインド内蔵ガラスではエアコン稼働率は50%となりますが、外付けブラインドはエアコン稼働率は25%まで抑えることができます
外付けブラインドは太陽光の日差しを窓の外で遮ることで、
室内の温度上昇を防ぎエアコンの稼働率を大幅に削減することが出来ます

 

 

 

冬は冬で、外付けブラインドと窓の間に空気層ができることで
何も取り付けていない場合と比べると断熱効果を見込むことができます。

 

 

 

夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる家。
快適な暮らしのお手伝いとなるpassiv blindは、1mm単位から完全オーダー制です。
後付けも可能ですので、今住んでいる家に取り付けたいという場合でも大丈夫!

 

設置部のご相談も含め、ぜひ、お気軽にお問合せください!

 

 

 

==========================================

その他詳細・お見積りはこちらからお問合せください

passiv blindの製品ページはこちら↓↓↓

 

==========================================

 

 

流通課

中野  えり