外付けブラインド 台風の時はどうする?

投稿日:2019年10月25日 投稿者:流通課
カテゴリー:雑記 | passiv material | よくあるご質問 | オプション情報

こんにちは。

今日の関東地方は大雨です。

 

今年の秋は台風上陸や、台風による影響で大雨がとても多く、
被害に合われた方や地域の一日も早い復興を願うばかりです。

 

万が一に備え、日ごろからできる対策は万全にしておきたいものですが

台風に関し、passiv blindでも以下のような質問を受けることがよくあります。

 

Q :「台風の時は、外付けブラインドはどうすればよいですか?」

 

A:基本的に、台風時などの際は、スラットを上げてヘッドボックス内に格納してください。
また、S・Zタイプの耐風デザインオプションをお選びいただくと、最大で風速22m/sの大強風※にも耐えることができます。

 

参考:

 

 

耐風デザインとは、下記画像のように
ガイドレールでガイドしながら、さらにワイヤーガイドでしっかりと二重ガイド。

 

 

 

風速22mほどの強風に耐えられるので、いざというときに安心です。

もちろん、それ以上の強さ(風で木が折れるほどの強風の場合など)は、ヘッドボックス内に格納していただくのが一番安心です。

 

 

お客様の、さまざまなニーズに応えられるpassiv blindです。

 

—————————————–

商品についてはこちら
質問・お問い合わせはこちら

—————————————–

流通課
中野えり