【passiv blind】ビューフォート風力階級と耐風性能

投稿日:2020年12月15日 投稿者:流通課
カテゴリー:雑記 | passiv material

こんにちは。

 

外付けブラインドご検討の方々の気にされる【耐風力】についてですが
passiv blindでは、ビューフォート風力階級を使ってわかりやすく説明しています。
耐風強度についてはご質問いただくことも多いので、これまでも何度かブログ記事に登場しているポイントです。

 

ビューフォート風力階級とは?

⇒風力(風の強さ)を分類するための風速の尺度のことです。

 

 

上記の表は、一般的に”強風”と言われるレベル7前後のものです。

 

※ビューフォート風力階級は0~12まであります。
一番低い0は”平穏”と言って、ほぼ風のない状況。
一番高い12は”颶風”で、ハリケーンレベル、32.7㎧以上です。

 

passiv blindのSZタイプ【耐風デザイン】ならビューフォート階級8~9となります。
※サイズにより異なります、詳しくは商品ページをご確認ください。

 

風の目安として、

 

風速10~15m→歩きにくい
風速15~20m→転倒の恐れあり
風速22m以上→立っていられない

 

 

ということのようですので、
風速8~9の場合はそうとうな風であることが想像できますね。

 

 

また、通常タイプでも階級7の強風程度には耐えることができます。
階級7も風速13m~の【強風】ですので、ある程度の風で壊れる心配がないことがお分かりいただけると思います。

 

※安全にご使用いただくために
 風が強い場合にはブラインドを上げていただくことをお願いしております。

 

 

シャッターなどに比べて耐風性能が若干落ちるという部分はあるかもしれませんが
通常のご使用では、安心してお使いいただけることがお分かりいただけると幸いです。

 

 

==========================================

詳細・お見積りはこちらからお問合せください

passiv blindの製品ページはこちら↓↓↓

 

==========================================

 

流通課 中野えり