passiv blind Ι ブラインド構造 Ι ラダーコードクリップについて

投稿日:2020年05月09日 投稿者:流通課
カテゴリー:雑記

こんにちは。

 

今日は、passiv blindのS/Zタイプについて紹介します。

 

羽根やそれを支えるラダーコードやクリップなど、まじまじと見る機会はなかなかないと思いますが
実は、細かいところでもいろいろな工夫がされているのです。

 

 

 

 

こちらがSタイプの羽根の断面です。

 

まさにS型のスラット(羽根)で曲線美~♪なんです。

 

 

下↓がZ型。

 

 

 

ラダーコードやリフティングテープは、紫外線にも耐性のある素材でできています。

 

また、ラダーコードクリップは

・ラダーコードをきれいに収納できる
・コンパクトになるので収納時、最小のスペースで済む
・風にも強く、ブラインドを長持ちさせる
・ラダーコードが切れた場合、組み込み式と違い、ラダーコードのみを交換できる

という利点があります。

 

以前、passiv blindをご使用のお宅にて、植木が倒れてひっかかってしまい、ラダーコードクリップが外れてしまうということが起こりました。
もし万が一、障害物によりラダーコードが切れてしまったりしても、クリップを付け替えることで交換できるので、メンテナンス性も抜群です。

 

クリップの取り換えはこちらの記事:クリップ交換について

 

 

==========================================

詳細・お見積りはこちらからお問合せください

passiv blindの製品ページはこちら↓↓↓

 

==========================================

 

流通課 中野えり